ふじたいらの道草日記

自由にライターしています。旅、古代遺跡、UFO、大自然、昆虫、地震雲など、いろいろなモノに興味深々。楽しく、不思議でワクワクするようなネタを公開していきたいと思います。

魂の樹液(今期初クワガタ)






前回4月30日は初の樹液回りをしたものの



いたのはゴミムシやキマワリ、コカブトなど・・・。




田んぼとおか


5月4日は知人宅の草刈仕事を頼まれ、


気温20度オーバーの中、夕方まで草刈。




日中の気温は25℃に達していたので、

クワガタたちの活動もそろそろだろうと思い、

帰り道は県北東部の平野ポイントを目指した。






途中、上り方面の道はどこも大渋滞。




コロナ禍であっても、GWの人出は止められないようだ。






自分の向かう方向は下りの下りなので




スイスイと進む。



コンビニ駐車場で長靴に履き替え、網やライト、帽子を

近くに用意してまずはマテバシイ林へ。






こちらのマテバシイでは最高53ミリのヒラタを採ったポイント

なのだが、昨年秋にバッサリ。


ただ、時々ヒラタが採れるトベラの樹があるので立ち寄るのだ。





8本近いマテバシイが切られてしまったポイント、





すぐに何かを造る感じではないのに残念でならない・・・




トベラは樹液も無く、静かそのものだった。



かえる




この次のポイントもほとんど樹液は出ておらず


スズメバチや蛾もいない。






まだ少し早いのだろうか・・・








5.4 にれ



さて、今度は楡林ポイントだ。





そっと、ライトを当てると林の奥から




「ギャギャーーーッ」




変な声が・・・





獣だ!!




自分の頭にすぐに浮かんだのはアライグマである。





実は2週間ほど前も千葉市寄りの某市内で目撃している。





この林から数キロのところでも目撃しているので、




かなり繁殖していると思われる。





襲われてもいい事ないので次に・・・





ガサガサガサ、ドドッ!!!





こちらの林にも何か獣の気配・・・






この地域はどうにっちまったんだ・・・





奴らが樹液のそばにいたらクワカブは全部食べられてしまうだろう。


困ったものだ・・・






ちなみにこの楡はちゃんと見てみたがカラカラッで




何もいなかった。




そして、次の地域は樹液だらだらのご神木ポイントだったのですが、

宅地造成で跡形もなくなってしまったのを知っているので通り過ぎるのみ。






期待をせずに1本の楡に立ち寄る。






約4メートル50センチのところに樹液が垂れ、




何やら黒いものが付いていた。






にれとコクワ






コクワか!!




たとえそいつが超普通種のコクワくんであろうが、


シーズン開幕を合図する大事な役目のクワガタ。






とりあえずは採らなければ。。。これは儀式と言ってもいい・・・








網に竹竿をつないで難なくゲット。







2021初こくわ


よし、コクワオスだ。





確認、撮影後にリリース。







ここからさらに数本の楡林を回る。






が、しかし、


樹液の汁っけもハッチ―の姿もない。


にれの樹液
 ▲少しだけ樹液が出だした楡





プロ野球で言えばオープン戦、



いや、オープン戦前の球場整備




そんな状態だろうか・・・



気を取り直して、最後の楡並木へ。





げっ、なんと


ここも木が切り倒されている。






数週間前に横を通った時には藪は無くなっていたが、


楡並木は残してあったので安心していたのだが、


こちらも切られてしまった。







時々、ヒラタクワガタが付く木なのに・・・

次々に切られるクワガタの樹。






いったい何がどうなっているんだ!!!






悲しくなる


暗闇の中を切り倒された木々を見ながら奥へ進む。






そんな時だ、


一つの楡の切り株に目が行った。







な、な、なんじゃ








これっ!!!!!!!!!









切り株樹液


切り株からは樹液があふれるように


湧き出て、白い樹液綿のようなものまで出来ている。






そこにはゴミムシたちが集る。



なんという生命力。


木魂の力。






これだけ噴出しているのなら、切り株だけでも


クワガタを呼ぶ力があるかもしれない。





この魂の樹液にしばらく賭けてみよう。





そんな気持ちになった。





私のもう一つのブログ「くわがた日記番外編」では

掻き出し棒の作り方を書いています。掻き出し棒作ってみた

良かったらお立ちより下さい♪


 

金子牧場の乳製品

金子牧場



本日は冷たい雨の中、家族で北総での用事を済ませた後、

京成佐倉駅近くにある

金子牧場の直売所に寄り道。

店内

こちらは県道沿いの牛舎で昔から乳牛を育てている酪農家さん。

数年前から自社牧場の生乳を使って様々な乳製品を作っています。

自宅の一角に作ったと思われる可愛い店舗。

メニュー


駐車場は3台ほどで、天気のいい日には駐車場後ろでヤギが遊んでいる

こともあります。

この日は、雨のせいかお客さんも少なかったようで、自分の車が着いたら

納屋からおばあちゃんがゆっくり出て来て対応してくれました。


そんな家族的でのんびり感のある直売所です。

飲むヨーグルト
 ▲加糖飲むヨーグルト 594円

そこでソフトやプリン、飲むヨーグルトを購入。

娘がプリンを絶賛していました。

(自家製プリンに自家製カラメルソースは絶品です)

プリン
 ▲ プリン 440円


近くにお寄りの方で乳製品好きな方は一度お試しあれ♪


そふと

▲ソフトクリーム小  220円

金子牧場直売所

千葉県佐倉市山崎489

営業・・・・・10:00~ 17:00(変動あり)

休み・・・・・水曜日
 

またもや米国防総省が認めたUFO映像

まずは昨年アメリカ国防総省が機密解除したUFOに関する記事

はコチラ↓

米国防総省が認めたUFO映像



これらはすべて戦闘機からの赤外線追尾によって捉えられた謎の飛行物体です。
UFO1

UFO2

UFO3





そして、今回のUFO映像いやUAP(未確認航空現象)はこちらです↓

この映像についても米国防総省は海軍要員が撮影したものだと

認めています。


UAP



以前記事にした米国防総省が認めたという

未確認飛行物体とはまた別の記事が


News weekt日本版で


アップされていたので、ここに報告致します。


News week 日本版によりますと、


コーベル氏が運営する調査ドキュメンタリー「エクストラオーディナリー・ビリーフ」の


ウェブサイトやニュースサイト「ミステリー・ワイヤー」でも

これらのコンテンツが公開されている。


 コーベル氏によると、ピラミッド形の物体の未確認航空現象(UAP)は、


2019年7月、サンディエゴ沖の警戒空域でミサイル駆逐艦ラッセルから

撮影されたものだ。


この物体は高度210メートル付近で浮遊しており、


他にも複数のピラミッド形の
物体が同時に確認されている。





 これらの動画や画像は、2020年5月1日に実施された

アメリカ海軍情報局(ONI)によるUFOや


未確認航空現象の存在についての

インテリジェンス・ブリーフィング(情報説明)から流出したものとみられる。


 「アメリカ海軍の軍人によって撮影されたものである」


 2019年3月4日には、バージニア州オシアナ海軍航空基地沖の警戒空域で、

戦闘攻撃機「F/A-18」のパイロットがコックピットから未確認航空現象を

スマートフォンで撮影した。


球状やどんぐり形の未確認航空現象に

相次いで遭遇した後、


メタリックな飛行船のような

未確認航空現象も目撃されている。 


アメリカ国防総省のスーザン・ガフ報道官は、

CNNなど、
複数のメディアで、

「これらの動画や画像はアメリカ海軍の

軍人によって
撮影されたものである」と認めた。





UFO現象に関する内容が20、30年前とは違ってきている気がする。

世界中の人々がネット世界に乗じ、子供でもスマホで検索や撮影が容易に

出来る時代になり、

隠すことが難しくなってきたからだろうか・・・

今後も真正UFOに近づく記事に気を付けていきたい。

メッセージ
プロフィール

aizufuji0624

ギャラリー
  • 魂の樹液(今期初クワガタ)
  • 魂の樹液(今期初クワガタ)
  • 魂の樹液(今期初クワガタ)
  • 魂の樹液(今期初クワガタ)
  • 魂の樹液(今期初クワガタ)
  • 魂の樹液(今期初クワガタ)
  • 魂の樹液(今期初クワガタ)
  • 金子牧場の乳製品
  • 金子牧場の乳製品
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
アーカイブ
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ